心臓リハビリテーション|内科 循環器内科|医療法人和耀会 むらた循環器内科|小野田駅|山口県 山陽小野田市

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションを実施しています

心不全や心筋梗塞後の患者さんの多くは高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満などを合併しています。外来担当の医師からは受診するたびに、“運動してください”“体重を減らしてください”と耳にタコができるほど聞かされていませんか?
でも、実際には運動したくても、“心臓病なのに運動していいの?”とか、“どのくらいの運動までやっていいの?”といった疑問をお持ちのことと思います。
しかし、現在では適切な運動は心臓病の原因のひとつである動脈硬化の進行を抑えたり、日常生活での息切れや疲労感の改善や再入院予防効果が科学的に証明されています。適度な運動はご自分の判断では困難であるため、心臓リハビリに参加して安全性を確認しながら最適な運動量で運動療法を行っていただくことをお勧めいたします。

心臓リハビリテーションとは?

○心臓病によって低下した心機能や全身の機能を改善して、心臓病の再発や新たな発症を予防したり、生活の質(QOL)を改善したりするために行います。

○「運動療法」と「食事療法」、そして患者様自身の病気や身体の状態について正しく理解する」ための「患者指導」がその柱となります。


心臓リハビリテーションにより期待される効果

1.心肺機能・運動能力が良くなり動作が楽になります。
2.心臓病患者さんの心臓機能の悪化を予防します。
3.心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少します。
4.心不全の悪化による入院が減少します。
5.心臓病の原因となる危険因子(高血圧、脂質異常症、糖尿病)が軽減します。
6.ストレスや不安、うつ状態が改善し、気持ちが楽になります。
7.筋肉や骨が鍛えられ、疲れにくくなり、心臓の働きを助けます。など。

心臓リハビリを行うことにより、行わなかった場合に比べて、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)患者さんの心血管病による死亡率が26%低下し、入院のリスクが18%低下します。
心不全の患者さんの心不全による入院が39%減少する
ことが証明されています。
(心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン、日本心臓リハビリテーション学会Hpより引用)


心臓リハビリテーションの対象となる患者さんの心臓・血管の病気
○ 心筋梗塞○ 狭心症○ 心臓手術後
○ 大血管疾患
 (大動脈解離、大血管術後)
○ 慢性心不全○ 末梢性下肢閉塞性動脈硬化症など

心臓リハビリテーションの開始までの流れ

1.診察・運動負荷試験の予約
診察の後、現在の状態を把握するための心肺運動負荷試験を実施する日を予約して頂きます。



2.心肺運動負荷試験(CPXといいます)
医師、スタッフ管理の下で、マスクをつけて自転車を漕いで検査をします。
検査結果をもとに、患者様一人一人の状態に合った運動プログラムを作成します。



3.心臓リハビリの予約を取っていただき、リハビリ開始
心臓リハビリの予約を取って頂き、運動療法の開始となります。
また、患者様一人一人の変化に合わせて、定期的に運動プログラムを見直していきます。


心臓リハビリの流れ

来院されたら受付に“心臓リハビリテーション予約カード”を出します。

動きやすい服装に着替えてもらい、約60分間の心臓リハビリを行います。

次回の予約をして、終了です。


心臓リハビリテーションってどんなことをするの?

1.準備体操(ウォーミングアップ)
運動をする前に軽く身体を慣らしていきます。

2.筋力トレーニング
準備体操で身体を慣らしたら、重りやゴムバンドを使って筋肉を動かしていきます。

3.マシーンを使った有酸素運動
自転車エルゴメーターやリカンベント型自転車エルゴメーター(下図)というマシーンを使って、患者さん一人一人に合った負荷に設定して20分程度漕ぎます。座って漕ぐため、歩くのが苦手な方でも簡単に有酸素運動が行えます。

 

4.整理体操(クールダウン)
最後に動かした身体を整えて終了です。

準備体操の前・筋力トレーニングの後・有酸素運動の後に血圧測定を行います。


ちょっとした余談・・・。

実際に心臓リハビリテーションをされている方々の声です!

などなどのお声が上がっています。

心臓リハビリテーションを続けることで、生活の質(QOL)の改善がされます。
当院では患者様がよりよい生活を送れるようにサポートしていきます。
心臓リハビリテーションに興味がある方は医師、看護師、その他スタッフにお申し付け下さい。

 

心臓リハビリテーションはじめてみませんか?

 

当院の特徴紹介

診療内容

一般内科/循環器内科・心臓病外来

禁煙指導

睡眠時無呼吸検査

健康診断

特定健康診査(特定健診)や基本健康検査、肺がん検診などの各種健診を実施しています。

連携医療機関


このページのTOPへ