特徴紹介|内科 循環器内科 特定健診 禁煙外来 糖尿病外来|医療法人和耀会 むらた循環器内科|山口県 山陽小野田市

当院の特徴紹介

診療内容

一般内科/循環器内科・心臓病外来

【循環器内科】

心臓病外来

当院では、特に心臓超音波(エコー)検査、頚動脈、下肢動・静脈エコー検査を中心とした痛みを伴わず、被曝のない“からだにやさしい”検査に力をいれています。患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、循環器病診断に必要な迅速性を重視した診療を心がけています。そのため、超音波検査や不整脈診断のための24時間心電図(ホルター心電図)は即日実施し、超音波検査は診察室で画像をおみせしながら、24時間心電図は外した当日に結果を患者さんに説明できる体制を整えています。
院内では、糖尿病、腎機能、肝機能などの血液検査が可能であり、必要な患者さんには30分程度で検査結果をお知らせしています。
これらの結果をもとに心臓病の診断を行い、病状に応じた治療を行っています。
連携病院と協力しながら、人工弁置換術や冠動脈バイパス術などの心臓手術後の患者さんやペースメーカー植込みをされた患者さんの経過観察も行っています。また、心臓病と深く関わっている高血圧症、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の診療、睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行っています。

【一般内科】

かぜ、インフルエンザ、アレルギー性鼻炎など内科疾患全般の診療を行います。

*クオリティーの高い検査をめざしています。
  • 循環器専門医、超音波専門医による検査・診断を行っています。
  • 常勤の臨床検査技師が生理検査、検体検査を実施しています。
  • 検査精度を保つため、サーベイ(精度管理)を実施しています。

禁煙指導



循環器疾患(心臓病)は喫煙と大きく関わっていることはいうまでもありません。喫煙者本人のみならず、まわりの人にも受動喫煙のリスクを与えてしまいます。
非喫煙者にくらべて、高血圧のある喫煙者では脳卒中のリスクは3.8倍、糖尿病の喫煙者では心筋梗塞の死亡リスクは2.6倍といわれています。

たばこがやめられない方は当院でご相談ください。

禁煙指導

睡眠時無呼吸検査



睡眠時無呼吸は睡眠時におこる10秒以上の呼吸停止です。睡眠時の無呼吸は心不全との合併が多く、心不全をさらに悪化させる因子のひとつです。睡眠時無呼吸があれば治療が必要です。

次のような症状があれば、ご相談ください。

・昼間に耐えがたい眠気を感じる。
・眠っている間に呼吸が止まっている、
 大きないびきをかいていると家族に言われた。
・集中力が低下している。
・夜中に頻回に目がさめる。
・夜間頻尿がある。
・朝起床時に頭痛がある。

健康診断

特定健康診査(特定健診)や基本健康検査、肺がん検診などの各種健診を実施しています。

がん検診
当院では以下のがん検診を実施しています。
「大腸がん検診」
「肺がん・結核検診」
「前立腺がん検診」

特定健康診査
メタボリックシンドロームの発生リスクが高い対象者を早期に発見する目的の健診です。
対象:40歳以上75歳未満の山陽小野田市国民健康保険被保険者で、山陽小野田市が交付する受診券と被保険者証を持っている方。

後期高齢者医療健康診査
生活習慣病の早期発見により、適切に医療につなげていくことを目的とした健診です。
対象:山口県後期高齢者医療広域連合の被保険者の方。

連携医療機関



山口大学医学部附属病院 循環病態内科学をはじめ、循環器病態外科学とも密に連絡をとりながら、最善の循環器診療が提供できるようにしています。また近隣の山口労災病院、小野田市民病院、厚南セントヒル病院、宇部興産中央病院、関門医療センターとも連携を行っております。

さんさんネット(宇部・山陽小野田・美祢圏域地域医療連携情報ネットワーク)に参加しています。

さんさんネットは、山口大学医学部附属病院、山口労災病院、宇部興産中央病院、山陽小野田市民病院の公開4病院の診療情報を患者さんの同意のもと地域の医療機関同士で共有するネットワークです。各施設で行った検査や診断、 治療内容・説明内容を理解し、診療に反映できます。

当院の特徴紹介

診療内容

一般内科/循環器内科・心臓病外来

禁煙指導

睡眠時無呼吸検査

健康診断

特定健康診査(特定健診)や基本健康検査、肺がん検診などの各種健診を実施しています。

連携医療機関


このページのTOPへ